• 健康になるためには何ができるか?

    スポンサーリンク

     

    趣味として始まった、「水槽で熱帯魚を飼育する。」ですが、

    水槽に水を入れ、すぐに熱帯魚を飼うことはできません。

     

    熱帯魚ですので、水を温める水中ヒーターや水温の確認のための

    水温計、濾過装置などなど用意するものがたくさんあります。

    また、今回はいろいろと凝ってみたいので、低床砂や水草、石や

    流木を入れてのレイアウトにも工夫をしていきたいです。

     

    まず濾過装置ですが、水槽の上部に置くものや、オーバーフロー

    と言って、溢れた水をモーターの力により水槽台の中に濾過装置

    を設置し、その中に水を循環させてキレイにする方法や、

    水をモーターで強制的に吸い込み、外部に濾過装置を設置して、

    水を濾過していく方法や、もっと簡易的なものまで数多くあります。

    charm 楽天市場店

     

    水槽の上部に置く濾過装置は、濾過機能も充分で値段も安いので

    今回は予算上これに決定します。

     

    そして、水槽で観賞魚を飼うのに最も大切なことと聞かれますと

    皆さん揃って「水作り」とおっしゃいます。

     

    水槽セッティング時に、まずどんな水槽にしたいか考え、

    生息環境が同じ魚を一緒に飼育するのであれば、それ

    らの魚に適した水質や温度を再現するには、今現在ある

    器具を購入すれば難しいことはありません。

     

    つまり、水槽管理で一番大切なことは、魚が本来慣れ親し

    んでいる自然界の状態を、水槽で再現することなのです。

     

    スポンサーリンク

     

    まずは、水槽における生態系バランスを作らなければ

    なりません。

    観賞魚の本来の生息地では、自然界そのものが魚にとって

    最適な生存環境を作り出します。

    水槽では、私たちの管理によって、生物学的環境をサポー

    トしなければなりません。

     

    残餌、魚のフン、枯葉等は水を汚す原因となります。

    それを強制的に濾過する方法もありますが、それだけでは

    「水作り」が成功したとは言えないのです。

    そこで、【濾過バクテリア】が重要となってきます。

     

    ※生態系バランスとは

    まず有害物質(フンや残餌、枯葉等)を、濾過バクテリアは

    アンモニウム/アンモニアに分解して、濾過バクテリアが

    亜硝酸塩に変えます。

    そして、濾過バクテリアが亜硝酸塩から硝酸塩に変え水草の

    栄養素になります。

    また、水草は二酸化炭素を消費して酸素を供給し、魚は酸素を

    消費し、代謝により二酸化炭素やフンを排出するのです。

    その一連の循環が生態系バランスといいます。

     

    生態系バランスが整うことにより、やっと「水作り」が完成して

    魚を飼うことができるのです。

     

    その前に水槽の水は、自宅なので水道水しかありません。

    水道水の中には、塩素などが含まれていますので中和剤で

    中和しなければ(バケツに水道水を入れ1日経てば抜ける)

    90cmの水槽にすぐに水をためられません。

     

    良い趣味ができました。一つ一つ勉強しながら始められ

    ます。また、次から次へと便利そうなものが水槽用品の

    通販で見つけてしまうのです・・・。

     

    しかし、短時間で終わる趣味でなく、相当な時間が掛かる

    (工夫をすればするほど、魚にとっても飼育環境が良い。)

    ので大変、面白みがあるとも言えます。

     

    お金も掛かりますが、早く元気に泳ぎ回る魚たちを観て

    心が癒され、健康・元気UPに繋げていきたいと思う、

    今日この頃です。

     

    人気ブログランキングへ
    最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

    スポンサーリンク


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA