• 健康になるためには何ができるか?

    スポンサーリンク

     

    睡眠は重要です。

     

    しかし寝ている時、

    耳元で蚊の羽音が

    聞こえたときには

    一気に目が覚め、

    死闘が始まります。

     

    やるか、やられるかの

    世界なので落ち着いて

    寝られないからです。

     


    蚊を寄せ付けない!手作りアロマ虫除けスプレーの作り方を紹介します。

     

    ◎蚊よけに効果的!アロマ虫よけスプレーの作り方

    そろそろ憎き蚊の攻撃が憂鬱な季節。エッセンシャルオイルを使用して、自然派の手作りアロマ虫よけスプレーを使ってみませんか?

     

    虫除け、特に蚊よけに効果的といわれるエッセンシャルオイルを使えば、蚊を寄せ付けないスプレーを作ることができます。小さい子供がいる家、ペットがいるお宅など、市販の殺虫剤を使いたくないという方から時々ご質問を受けるこのスプレー。強力な殺虫剤のような驚異的パワーは期待できないかもしれないけれど、これらのエッセンシャルオイルには実際に蚊が嫌う成分が入ってるとのこと。蚊を「殺す」という感じではなく、「寄せつけない」という風に考えて頂くと良いのでは?

     

     

    ◎アロマ虫よけスプレーの作り方・材料

    ■アロマ虫よけスプレーの材料

    エッセンシャルオイル ※1滴が0.05ml以下のもの

    ・レモングラス 7滴

    NAGOMI AROMA レモングラス 10ml 【AEAJ認定精油】【アロマオイル】

     

    ・ゼラニウム  2滴

    NAGOMI AROMA ゼラニウム 10ml 【AEAJ認定精油】【アロマオイル】

     

    ・ラベンダー  1滴

    NAGOMI AROMA 真正ラベンダー 10ml 【AEAJ認定精油】【アロマオイル】

     

    ・アルコール(無水エタノールまたは90度以上のウォッカ) 3ml

    健栄製薬無水エタノール 500ML

     

    ・水(精製水やミネラルウォーター) 50ml

    【第3類医薬品】精製水(ポリ) 500mL

     

    ・スプレー容器

    ease 保存容器 スプレータイプ ガラス 青色 100ml

    ※今回は希釈したものであるため必ずしもガラス製でなくてもOKです。またガラス容器を使用しない場合は早目に使い切って下さい。

     

    ■アロマ虫よけスプレーの作り方

    1)ガラスビーカーに計量したアルコールを入れ、そこへエッセンシャルオイルを1滴づつ加え、ガラス棒でよく混ぜます。

    2)そこへ水を加えガラス棒でさらによく混ぜます。

    3)スプレー容器に移して、完成。

     

     

    ◎アロマ虫よけスプレーの使い方・注意点

    手や足にシュッシュッとスプレーします。もちろんカーテンや網戸などにスプレーしてもOK。アルコールが入っているため、窓を拭くときのスプレーに使用すれば蚊よけだけでなく、汚れ落とし、殺菌なども期待できて、一石二鳥かも!?人工のものと違って香りも優しいため、喉を痛めたりすることもありません。今回の濃度であれば皮膚につけても大丈夫です。

     

    【・・・注意・・・】

    ・使う前には必ず振ることをお忘れなく。

    ・アルコールに反応する(アレルギー)場合や、エッセンシャルオイルが肌に合わない場合は皮膚への使用は中止します。

    ・香りが合わないときは換気しましょう。

    ・傷のある部分や粘膜への使用は控えてください。

    ・高温多湿を避けた場所で保管し、2~3週間以内で使い切りましょう。

    ・ペットや赤ちゃんへの皮膚へのスプレーは控えてください。


    出典:All About

     

    いかがですか?

    注意事項を読んで、

    健康・元気UPのため

    にも安全なアロマで蚊を

    寄せつけないで熟睡して、

    良い睡眠をとりたいと思う

    今日この頃です。

     

    人気ブログランキングへ

     

    スポンサーリンク


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA