• 健康になるためには何ができるか?

    スポンサーリンク

     

    「お酒飲めない物語」第1話を

    ブログで公開しましたところ、

    結構な反響を頂きました。

    頂いたコメントはこのような感じ

    です。

     

    ・「私もお酒のめないので共感(・◡‹ ) ✧*」

    ・「僕、多分 夢可途世さんと一緒の体質ですね(笑)」

    ・「私もビールをコップで一杯飲んだら、1時間は心臓バクバク止まりません…」

    ・「お酒のめなくてもお酒の席は楽しいです♪」

    ・「 私も飲めません💧体質だから、、大変ですよね」

    ・「共感しました。私もお酒を飲むと顔真っ赤&心臓バクバクになります。」

    ・「私もビールでも数口飲むとお腹まで真っ赤です。」

     

    色んな方向性のコメントがありましたが、

    私のようにお酒が飲めない人は、

    かなりいらっしゃるイメージでした。

     

    さて・・・

    本日は「お酒飲めない物語」第2話です。

     

    第1話はこちらから。

    → 健康・元気UP【お酒飲めない物語】 第1話。

     

    お酒を飲めない私も、あの手この手で

    学生生活は、何とか乗り切りました。

    ただ、飲み会で楽しそうにしている

    友達の姿を、いつもうらやましく

    思っていたのであります。

     

    真夏にテニスをやった後に、

    美味しそうにビールを飲むのは、

    気持ちいいんだろうなーと思いました。

    私はビールよりコーラです。

     

    そして、社会人になった私。

     

    「夢可途世、今夜一杯行くぞ!」

     

    という感じで上司が仕事後に、

    飲みに連れて行くというのが

    イメージ。

    そんなのが日常的に展開されるかと

    入社前は考えていました。

     

    ところが・・・

    いや、「ところが」では全くなく、

    案の定そういった事がありました。

     

    私の入った部署というのは、

    40代半ば以降のおじさま社員

    が多く、彼らはなぜか異様に飲み

    たがる。

    そして、なかなか帰りたがらない。

    (苦笑)

     

    帰らない用事作りのために、

    部下を連れて飲みに行くような

    感じすらあったわけでございます。

     

    ただ、そこは空気を読まない

    社会人の私です。

    社会人生活にも慣れてくると、

    10回に9回は断るように

    なっていました!

     

    だってさーーーー

    毎回10何年も前の仕事の

    自慢をされて、さらには

    割り勘でございますわよ。

    そんなのシラフでつきあう

    のなんて、拷問でしかあり

    ませんから。

     

    さらに言えば、当時はアルハラが

    社会的に問題になっていました。

    なので、飲み会に無理やりつき

    合わせるのも、ちょっとアレな

    空気感でした。

    ですので、会社の飲み会は

    四半期決算のお疲れ様会は

    出ますが、それ以外は殆ど

    いきませんでした。

     

    しかし・・・!!

    しかしですよ!!

     

    旅行会社の添乗ともなると、

    そういうわけにはいきません。

    お客様あっての会社です。

     

    どれだけ嫌なことを回避する

    私でも、会社の成績だけは

    良いものを残したいのです。

     

    となれば、いや、そんなことは

    別にしても、接待というものは

    避けられないもので、そして

    全く飲まないわけにも行きません。

     

    厳しい世の中です。

    ですが、これも世の中です。

    世の中の荒波を乗り越え

    なければいけないのです。

     

    そんなこともありながら、

    社会人になった私は頑張ります。

    色んなものを垂れ流しながら

    奮闘するわけです。

     

    そうこうしているうちに、

    40代半ばを迎えました。

    「お酒飲めない物語」第3話へと続く!!!!

     

    人気ブログランキングへ

     

    スポンサーリンク


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA