• 健康になるためには何ができるか?

    スポンサーリンク

     

    高血糖の皆さま。

     

    まだ間に合います!

    病気阻止のチャンスが

    与えられたということで

    前向きに生活改善に

    取り組みましょう。


    【管理栄養士が解説】高血糖とは、その名の通り血管の中に過剰な糖がある状態です。放置すると、糖尿病の引き金になったり、血圧が上がったり、太りやすくなったり、と様々なリスクが上がります。血糖値の高さが招く病気と血糖値を下げる方法、高血糖の改善法を解説します。

     

    ◎高血糖とは……血糖値が高いとどうなるのか

     

    会社の健診などで「血糖値が高いので注意して下さい」と言われたことはありませんか? 血糖値が高いと言われても、どう悪いのかよく分からず、言われたまま何の改善策も立てずに放置している人もいらっしゃるかもしれません。「血糖値が高い」と言われた人は、「インスリン抵抗性」が疑われます。まずは慢性的に血糖値が高いとなぜ悪いのかを解説しましょう。

    「高血糖」とは、その名の通り血管の中に過剰な糖がある状態です。「糖」とは車で言うところのガソリンのようなもので、ヒトの活動のエネルギーになりますが、血中に浮いている状態では使えません。体内で作られるインスリンとよばれるホルモンの働きによって、糖が血中から細胞に入り、ガソリンとして使えるようになります。

    しかし、体内で十分なインスリンが作られなかったり、インスリンが十分にあっても細胞への入り口となる玄関がうまく反応しない場合(インスリン抵抗性)は、血中の糖が高くなります。インスリン抵抗性がある人の血中には過剰な糖とインスリンがみられることが多いようです。このような状況が続くと、糖尿病の引き金になるのと同時に体に色々な不具合がでてきます。

     

    ◎高血糖が招く身体のリスク・病気

    ■糖尿病・プレ糖尿病の引き金になる

    あれっ?プレ糖尿病って糖尿病になる前の状態って事だったの?でも、誰も教えてくれなかったから、糖尿病になってしまった……。
    高血糖の状態が続くと糖尿病へとつながります。糖尿病予備軍、プレ糖尿病などとも呼ばれます。予備軍と言われると大丈夫だと勘違いしてしまう人もいるですが、何もしないと糖尿病になります。アメリカではこの状態をプレ糖尿病と呼びます。「糖尿病になる前です」という分かりやすいネーミングです。

    高血糖を改善することで、いまの段階では糖尿病を予防することも可能です。高血糖と言われた人は病気阻止のチャンスが与えられたということで前向きに生活改善に取り組みましょう!糖尿病は1度なると治りませんのでとても大切な時期です。

     

    ■血圧が上がる

    血中に多くのインスリンがあると、ナトリウムと腎臓の働きなどに影響し、血管に水分がたまりやすくなり血圧があがります。また交感神経を緊張させ血圧を上げるともいわれています。

     

    ■体重が増えやすくなる

    なんかお腹がでてきたぞ・・・。血糖も高いかな?
    血中の糖とインスリンの量は食欲にも関わります。正常な状態ではお腹が空くのは血糖値が低めの時、食事の後は血糖値が高めになり、インスリンによって正常レベルの血糖値に戻ります。しかし、インスリンがうまく作用しなかったり、血糖値の高い状況が続くことで、空腹・満腹のシグナルがうまく働かなくなります。

    食事をしたのにお腹がすいたり、しっかり食べたはずなのにエネルギー不足だと感じたり、炭水化物が多いものが食べたくなったりします。おやつを食べたり、炭水化物が多い物を食べることで、体重増加 → インスリン抵抗性 → 高血糖値 → 更に食べる、という悪循環に陥り易くなります。

     

    ■血液がドロドロになる

    血糖値が高いというのは代謝に異常があるということです。血糖値が高い人では、脂質異常が多くみられます。余分な血糖は血管が炎症を起こす原因となり動脈硬化も進みます。

    高血糖の改善法・血糖値を下げる方法
    高血糖を改善する方法は、ズバリこの2つです。

     

    ■運動する

    インスリン抵抗性や血糖値を改善します。体重管理にも役立ちます。

     

    ■バランスの良い食事をする

    (1)炭水化物に注意を払う
    精製された炭水化物である白パン、白米、麺、菓子パンなどの食べ過ぎをさけて、代わりに雑穀パンや雑穀米も取り入れましょう。白米や白パンを食べた後には血糖値が急速に高く上昇することが分かっています。

    (2)色々な種類の野菜や果物をたくさん食べる
    野菜、キノコ類、果物に豊富に含まれる食物繊維は、血糖値が急激に上がるのを予防します。食べた後の満腹感・満足感が持続しやすく、カロリーコントロールにも役立ちます。

    (3)炭酸飲料・ジュース・清涼飲料水の代わりに水やお茶を飲む
    血糖値、中性脂肪、カロリーコントロールに役立ちます。ジュースは病院でも低血糖の治療に使われたりします。それだけ血糖値を上げる効果があるということです。血糖値が高い人は避けたいものです。

    (4)スナック菓子や甘いお菓子を食べ過ぎない
    血糖値、中性脂肪、カロリーコントロールに役立ちます。

    (5)揚げ物やこってりした食べ物を控える
    カロリーカットにつながり体重管理に役立ちます。過体重の場合は、体重が少しでも減ればインスリン抵抗性や血糖値が改善されます。油の多い食事をすると、血糖値が上がった状態が長く続き易くなります。

    いかがでしょうか? どこかで聞いたことがあることばかりが並んでいると思います。

    高血糖は放置しておくと、糖尿病やその他の病気につながる状態です。せっかくのチャンスです。病気予防のために、運動と食生活を改善しましょう。


    出典:All About

     

    世界的名医が教える脱・糖尿病の最新戦略

     

    いかがですか?

    糖尿病は1度なると

    治りませんので、

    とても怖いです。

     

    予備軍でしたら回復

    する可能性がある

    とのことなので、

    健康・元気UPのためにも

    食事等に注意をしながら

    生活していきたいと思う、

    今日この頃です。

     

    人気ブログランキングへ

     

    スポンサーリンク


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA