• 健康になるためには何ができるか?

    スポンサーリンク

     

    京都大学iPS細胞研究所で助教が論文不正をしたニュースがありました。

    もし、その人がこの「うまくいかないときの対処法」を知っていれば、

    不正までいかなかったのでは、と思います。

    「短期間で成果を出すことが求められているが、できない」といったことは、

    働いていれば誰しも遭遇するでしょう。

    そうした「うまくいかないこと」によるストレスを適切に対処するための

    「4つのステップ」を解説します。

     

    「うまくいかないストレス」に適切に対処するには

    京都大学iPS細胞研究所の助教によるデータ改ざんの論文不正ニュースが流れました。

    そんな不正を働いた助教に対して、「研究倫理がなっていない」という批判や

    「任期付き雇用という研究者を取り巻く労働環境が悪い」という擁護をはじめ、様々な意見が飛び交っています。

     

    いずれにしても、あの助教は、今まで歩んできた研究者の道は歩めなくなり、

    本人はしてもしきれないほどの後悔をしていることでしょう。

    読者のなかにも、「仕事の成果を短期間で出すことが求められるも出せない」という経験をした方がいるかもしれません。

    そうしたとき、取り返しのつかない後悔をしないために「うまくいかないこと」によるストレスを、適切に対処するための4つのステップを解説します。

     

    ステップ1.「たしかに」と絶望する根拠を明確にする

    まずは、自分が絶望的に感じている根拠を明確にしましょう。

    「不正をしてしまおう」と思うまで心が追いつめられるのには、それなりの理由があります。その辛い気持ちを、まずは認めてあげるのです。

     

    例)
    たしかに、この方法だと、血液脳関門という組織をつくることができなかった。この研究は無価値だ……」

    という具合に、「うまくいかなかったのだから、いま、自分が絶望的に感じるのは仕方がない」と、まずは自分の気持ちをそのまま受け止めます。

     

    ステップ2.「しかし」と反証を考える

    次に「しかし、本当にそうなのか?」と、その絶望する根拠への反証がないかを考えましょう。

     

    例)
    しかし、血液脳関門をつくることができなかったからといって、この研究が本当に無価値といえるのか?

    この仮説ではうまくいかないことがわかったこと。それは、iPS研究分野の発展という視点から、全くの無価値とはいえないはずだ」

    等といった反証がないかを考えるのです。

     

    ステップ3.根拠と反証とを見比べ、全体を把握する

    根拠と反証を見比べ、冷静に考える研究者

    今度は、1で考えた絶望する根拠と、2で考えた反証とを見比べてみましょう。

     

    例)
    1.根拠:「たしかに、この方法だと、血液脳関門という組織をつくることができなかった。この研究は無価値だ…」

    2.反証:「しかし、この仮説ではうまくいかないことがわかったこと。

    それは、iPS研究分野の発展という視点から、全くの無価値とはいえないはずだ」

    という2つの説を比べ、全体を把握するのです。

     

    すると

    「血液脳関門という組織をつくることができなかったが、だからといって、無価値ではない。

    ただ、自分でさえ、一瞬この研究のことを価値がないと感じたのだから、他の研究者もそう考える可能性は高い。

    そうなると、雇用契約を更新してもらえなくなる可能性も高くなる」

    と、フラットに捉えられるのではないでしょうか?

     

    ステップ4.フラットに捉え、建設的に動く

    上記のように、フラットに捉えられたら、人は建設的に動くことができます。

     

    例)
    「この研究の価値を認めてもらう必要がある。そのためには、どうしたらいいだろう?」

    「そうだ! 今回の仮説のどの部分に問題があったのか、考察のなかで明らかにすれば、多くの研究者に引用されるだろう。

    仮説を振り返り、一つずつ手順を再考し、説得力のある考察を書こう」

    といった具合に、建設的に動くことができるのです。

     

    「うまくいかないこと」にどう対処するかで、人生は変わる

    さいごに「発明王」として知られるトーマス・エジソンの有名なエピソードを。

    電球を発明するのに1万回失敗したということを聞きつけたインタビューアがエジソンに対し、「1万回も失敗されて大変でしたね」とねぎらいの言葉をかけました。

    これに対してエジソンは、

    「私は失敗などしていない。うまくいかない1万通りの方法を見つけただけだ」

    と答えたそうです。

    まさに、エジソンは、うまくいかない出来事をフラットに捉え、建設的に動いてきたからこそ、こうした言葉がサラッと出たのでしょう。

    「うまくいかないこと」は、研究開発をしていたら、いや生きていたら、必ず起こります。

    そうした「うまくいかないこと」にどう対処するかで、人生は変わるのです。


    出典:All About

    ビジネス未経験でも できる情報起業の方法

     

    いかがですか?

    「うまくいかないこと」によるストレスを

    適切に対処することにより、人生を逆転

    することができます。

     

    「そこで諦めたら、ゲームは終了」の

    精神での聞こえていきたいと思う、

    今日この頃です。

     

    人気ブログランキングへ

     

    スポンサーリンク


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA